税理士 ページ6

税理士の定義

「税理士は、税務に関する専門家として、独立した公正な立場において、申告納税制度の理念にそって、納税義務者の信頼にこたえ、租税に関する法令に規定された納税義務の適正な実現を図ることを使命とするとされ(同法1条)、業務として、他人の求めに応じ、各種税金の申告・申請、税務書類の作成、税務相談、税に関する不服審査手続き等を行う。

税理士の人数

現在の全国税理士数は、約70,000人です。毎年2000名前後の新規登録者と抹消者がおります。ちなみに、歯科医師数は約100,000人です。歯科医師過剰問題と言われていますが、税理士さんは過剰といわれていはいないようです。
一般の会社勤めの方からしたら、税理士さんにお世話になるのは相続手続きなどの問題が発生した場合だけでしょう。
けれども、企業経営者・自営業などの方は、税務顧問として税理士さんにお世話になる事も多いですね。
優秀な信頼できる税理士さんを見つけられるか、歯医者さんと同じ問題はありますね。

インターネットとアフィリエイト、ブログ